【初めて受ける人向け】占いに行くときの心の準備・必要な情報

こんにちは、LUCEです😊
お久しぶりになってしまいました。
本日のテーマは、初めて占いを受ける人向けで、「占いを受けるための心の準備」や「占いに必要な情報」について
書いていこうかと思います。

どういう心持ちでいけばいいかわからない

始めて占いを受ける人は、とても緊張しますよね。
何を言われるかわからないし、もしかしたら怖い占い師なのかも…。とか。
でも緊張は不要だと私は考えています。
数年前は、ズバリ・はっきりと怖いことを言う占い師がメディアを賑わせていました。
ところがここ最近はそういった占い師は減っていると思います。
まれにいるにはいると思いますが、(良い結果も悪い結果もありますけど)占い結果を伝えるところは変わりません。
そして現在はその結果お伝え後、応援してくれるような占い師が多いと思います。
だから、怖いし緊張してなかなか入れない~と躊躇しているのは取り越し苦労になると思います。
あんまり深く考えずに、悩みを伝えてみてください。

あと、対面での占いではあまりないのですが、
オンラインの占いで、文字数を使うと課金されてしまうシステムのところは特に、
あまりご自分の相談内容を詳しく話さない方が見えます。
占い師は当ててなんぼと思われているかもしれませんが、
相談されている方と、お相手がどのような関係性なのか
現在連絡はとれているのか、というのは結果を伝えるにあたって重要な要素になってきます。
当たる・当たらないも気になるところかもしれませんが、真剣に解決したいとおもっていることであれば
なるべく詳細を占い師に伝えることで、その問題に適切なアドバイスも受けられると思います。
ですから、文字数少なく伝えている方はいちど見直して、詳細を伝えるようにしてみてください。
今までよりも詳しく結果やアドバイスが聞けるようになると思いますよ😊

占いに必要な情報ってなに?

占いの種類にも寄りますが、情報が必要な場合があります。
例えば、血液型占いには血液型の情報が必要なように、
占いの種類によってはそういった情報を占い師に伝えることが必要になってきます。
タロットカードなどの道具を使うものは一般的に必要な情報というのはありませんが、
先ほどの項目で書いたように、恋愛であれば相手との関係性(夫婦とか付き合っているとか不倫とか)
と、今現在連絡はとれている状態なのかということについては
占い師に伝えたほうが、より詳しい結果やアドバイスが聞けるので合った方がいいと思います。

また西洋占星術の場合は、それにプラスして生年月日や生まれた場所が必要だったりしますね。
姓名判断だと、ご自分のお名前とお相手の正しい漢字でのフルネームなど。
占いを依頼したい占い師の占術をチェックして必要な情報は準備してから依頼しましょう!

さいごに

占いとは、どうしたらいいかわからない時に使ってみるといいものだと思いますが、
人生は自分で決めることが大切だと思います。
占い師の言うことを参考にするのは全然良いと思いますが、
言いなりになるような状態では占い師に依存してしまうことになり、
誰の人生を生きているのかわからない状況になってしまいます。
うまく利用するためには、参考にもするけれど、自分の気持ち・思いは第一優先にして
今後の方向性などを決めていくのがいいと思いますよ🌈